訪問指導の助産師の仕事内容について

助産師の職場は病院だけではありません。助産師の求人案件を見ていると「訪問助産師募集」という広告を見ることがあります。訪問看護師というのはよく耳にするのですが、訪問助産師はあまり耳慣れない言葉ですよね。では、訪問助産師とはどのような仕事なのでしょうか。

助産師には「妊産婦、新生児訪問」という仕事があります。これは母子保健法によって定められているもので、新生児の死亡率の低下や産後のお母さんのサポートを目的としているものです。

昔は未熟児のみを対象とした新生児訪問だったのですが、母子保健法へ移行した今は新生児がいる家庭の全てを対象に行われています。

訪問助産師の仕事は、妊娠後期のお母さんや出産後のお母さんが困っていたり悩んでいたりしないか、赤ちゃんが順調に発育しているかなどを自宅へ訪問してケアしてあげることが大切な仕事となっています。母乳や授乳の仕方、沐浴の仕方など、すべてが初めてで育児に不安を持っているお母さんを丁寧にサポートをしてくれます。

核家族化が進んでいる現代では、子育ての相談をできる人が身近にいないことが多くなっています。そんなお母さんたちにとって、助産師さんは頼れる存在として重要な役割を担っています。

訪問指導の仕事は、子育てをしているお母さんと社会をつなぐ大切な仕事でもあります。育児中のお母さんは家の中で過ごすことが多く、社会と隔たれているように感じてしまう人もます。

助産師の訪問指導によって、お母さんたちの気持ちを楽にして、親子で利用できる施設の情報などを伝えることで、社会とつながっていることを実感させてあげる役割もあります。

助産師の仕事の中でも人気の訪問指導の仕事は、助産師会に入会をして仕事を紹介してもらったり、助産師専門の求人サイトで見つけることができます。定期的に募集をしているわけではないので、いつ求人情報が出てくるかわかりません。もし求人情報を見つけたらすぐに動いた方がいいでしょう。

ページの先頭へ