薬剤師転職の実情│平均給与よりも稼ぐ方法はあるか?

薬剤師の平均給与は、勤務先にもよりますがだいたい600万前後になります。ではそれ以上稼ぐことができないのでしょうか。例えば1000万を稼ぐ薬剤師はいるのでしょうか。

まず調剤薬局では薬局の総売り上げを上げることが重要です。そのためには、医師から処方される処方箋を数多くこなしていくことが結果につながります。しかし残念なのは、調剤薬局の薬剤師は、一日40枚の処方線しか処理できません。これは法律で決まっているのです。

実際の処理枚数は、調剤薬局の規模にもよりますが25枚前後の処理量です。この件数では諸経費などを引くと給与が1000万には届きません。

国家公務員の薬剤師はどうでしょう。結論から申しますと、1000万円は難しいと言えます。国家公務員は給与を法律で決められており、薬剤師公務員も例外ではありません。成果主義ではなく、経験や資格によってランク付けされた給与が支払われるのです。

こう見ると、街で見かける薬剤師さんは1000万円の道は遠いと見えます。しかし、製薬会社の営業職であるMRであれば、成果主義ですので1000万円も夢ではありません。ですがMRと薬剤師の働き方は違いがあります。MRは薬剤師の資格を必要としません。医師や薬局長など、医療に従事する方に医薬品の情報を提供することを仕事にしています。

MRは薬剤の知識は必要ですが、すべての薬剤の知識を網羅する必要がありません。医薬品の情報とは、主にMRが所属する製薬会社が出す薬の情報のことです。そのためMRと薬剤師が同じとは言い難く、やはり調剤薬局や薬剤師の公務員では1000万はなかなか届かないのが現状です。

それに加え、公務員の薬剤師給与が引き下げられ初任給は据え置きになりました。一般的に公務員の給与は年齢が高くなるほど給与は高くなり、三十代ではなかなか民間の給与並みとはいかないようです。そのため、薬剤師の初任給は民間企業の初任給よりも約10万弱の差があります。

薬剤師は一時的に人材不足でした。というのは、薬学部や薬科大学が4年制から6年制へと移行したためです。そのため民間の企業は少しでも待遇を良くして採用していたので、この差が生まれました。しかし現在ではその人数も安定しており、民間でも給与面が好待遇を受ける望みは薄いようです。

薬剤師:私の転職(若年ながらも管理薬剤師を目指してキャリアアップ)

私は薬科大を卒業して、親戚の紹介で調剤薬局に勤めることになりました。職場環境はよく、入社して2年間は学ぶことも色々とあり充実した毎日を過ごすことができました。しかし、入社3年目になると私の中に、ある思いがでてきました。

勤務している調剤薬局が小規模だということもあり、次第に薬剤師としての成長に限界を感じるようになってきたのです。私の目標は管理薬剤師だったので、もっとキャリアを積みたいという気持ちが芽生え、転職した方が自分の将来にプラスになるのではないかと思い始めました。

しかし、25歳での初転職ですから、どうすればいいのかさっぱり分からない状態でした。ネットで色々調べたところ、薬剤師専門の転職サイトを利用するのが最善策だということを知り、登録しました。

薬剤師専門の転職サイトだけあって、薬剤師の転職事情を熟知された専門コンサルタントの方がいたことは、薬剤師歴3年目で初めて転職活動を行なう私にとって心強いものでした。

まず、転職の動機を伝え、スキルアップと共に年収アップもしたいことも正直に話ました。すると、コンサルタントの方は、いままでにキャリアアップを目指して転職し、成功された諸先輩の方々の話をしてくださいました。その話を聞いて、将来の夢である管理薬剤師になるために、キャリアを積んでいきたいという思いが更に強くなりました。

只、小さい調剤薬局で薬剤師の仕事をたった3年ほどしか経験していない私が、スキルアップはともかく、年収アップまで望むことは無理だと内心思っていました。しかし、コンサルタントの方から、経験年数は浅くても幅広い業務内容をこなしてきた点は評価されるから心配はいらないと言われ、アドバイスに従って転職活動をすることにしました。

アドバイスは実に詳細なものでした。面接で注意すべき点(服装、髪型も含めて)やアピールポイントなど、丁寧にアドバイスしてくれたので転職への不安も一掃されました。

そして、将来の目標である管理薬剤師を視野にいれて紹介されたのが、大手調剤薬局でした。数多くの店舗がある分、管理職ポストが多いところと、500万円の年収という好条件が決め手となり、面接を受けた結果、転職に成功することができました。

ページの先頭へ